餡なしのかるかんが好物である

【この記事の所要時間 : 約 1 分

karukan01.jpg
実は昔から鹿児島名物の「かるかん」が好物である。理由はよくわからないが、あのスポンジのような生地が好みである。
Wikipedia – かるかん

軽羹(かるかん)は、鹿児島県をはじめとする九州特産の和菓子である。名前の由来には諸説があるが、「軽い羹」という意味であるともされる。本来は棹物菓子であるが、近年は饅頭状として餡を仕込んだ「かるかんまんじゅう」が一般的になっている。

百貨店やスーパーなどで九州フェアや鹿児島フェアなどが開催されていると買ってしまう。あまり甘いものは好きではないが、まんじゅうなら上用饅頭が好きであることを考えると、米粉を芋系で練りこんだ和菓子が好きなようだ。豆があまり好きではないので、餡はつぶあんよりこしあんが好み。
でも餡入りのかるかんよりも餡なしのかるかんの方が好きである。あのスポンジ感がいいのだ!かるかんを食べながら熱いお茶を飲むと気分が落ち着く。
karukan02.jpg

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です