今日は人日の節句なので、七草粥を食べよう!

【この記事の所要時間 : 約 1 分

今日、1月7日は、「人日の節句(じんじつのせっく)」である。
五節句の一番初めの節句であり、七草粥を食べて今年の豊作と無病息災を願う日である。なぜ七草粥を食べるのだろうか?それは、自然界から新たな生命力をもらい無病息災で長生きするためである。それ以外にも正月の暴飲暴食に疲れた胃腸を労り、ビタミンを補う効果もある。
江戸時代に幕府が「人日の節句」を祝日としたことから七草粥を食べる習慣が一般にも広がったといわれている。ちなみに七草粥の七草とは、セリ、ナズナ、ハコベラ、ホトケノザ、ゴギョウ、スズナ、スズシロであるが、地方によっては若干異なった構成になっているケースもある。
七草粥に興味がある方はこちらへ
nakakusa.jpg

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です