今日は冬至ですよ!

【この記事の所要時間 : 約 1 分

Wikipedia – 冬至

冬至(とうじ)は、二十四節気の第22。十一月中(旧暦11月内)。
現在広まっている定気法では太陽黄経が270度のときで12月22日ごろ。恒気法は節気を冬至からの経過日数で定義するが、基点となる冬至は定気と同じ定義である。定気と恒気で一致する唯一の節気である。暦ではそれが起こる日だが、天文学ではその瞬間とし、日のほうは冬至日(とうじび)と呼ぶ。
北半球では太陽の南中高度が最も低く、一年の間で昼が最も短く夜が最も長くなる日。

冬至といえば、かぼちゃを食べて柚子湯に入るというイメージであるが、かぼちゃは金運、柚子湯は無病息災を願ってのことらしい。昔は、冬至は「死に一番近い日」と言われていた。
冬至は、冬の季語である。

仏壇の菓子うつくしき冬至哉
正岡子規

冬至の太陽
金子 肇
文芸社
冬至の薔薇
相澤 啓三
書肆山田
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です