RedHatでMailmanを使う!

【この記事の所要時間 : 約 2 分

仕事でちょっとMLの設定をしたので、メモがわりに残しておく。
以下のサイトを参考にした。
メーリングリストサーバー構築(Postfix+Mailman編)
利用したのは、GNU メーリングリスト管理システムの「Mailman」。
以下が本家(日本語)サイト。
日本語Mailman
利用したのは、現時点で最新バージョン 2.1.8 ( 15-Apr-2006 リリース) 。
OSは、RedHatだったのでMailmanは最初から入っていましたが、Subjectに通し番号が入れられないちょっと前のバージョンだったため、最新バージョンを入れることに。
Mailmanは、Webインターフェースが優れてるため、一度メーリングリストを作成すると、サーバ管理者の手が余り掛からないので、便利。
デフォルトでは、メールサイズの制限が40KBとかなり小さくなっているので、MLの使い方によっては設定を変更したほうがいいと思う。Webインターフェースの管理画面の「投稿メール本文の最大サイズ(KB). 0 を設定すると無制限」という項目の部分を変更すればOK。

Mailman 標準ハンドブック
Mailman 標準ハンドブック

posted with amazlet at 15.12.02
安田 幸弘
インプレス
売り上げランキング: 1,003,199
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です