Barレモン・ハート – 古谷 三敏 (書評・レビュー・感想)

【この記事の所要時間 : 約 1 分

心優しき男たちが夜毎集う酒場、『BARレモン・ハート』。名人マスターの人を見る目は酒を見る目。マスターの薦めるカクテルは人生のブレンド。酒ウンチクと人生模様を語る大人のための、酒、グルメコミックス。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

書評・レビュー・感想

以前から気にはなっていたマンガである。
ただ、ラズウェル細木の「酒のほそ道」が好きで寝室に全巻そろえて寝る前に読むことを小さな幸福の1つとしている身としては、絵がイマイチだし、どうせ内容もイマイチなんでしょ?とちょっと斜に構えていた作品であった。とある時、たまたま入ったバーのバーテンダーさんが愛読書だということで、熱心に勧められた。それに触発されてちょっと読んでみようかと思って読んでみたら・・・・・
ぐいぐい引き込まれた。
なぜいままで読まなかったのか?と悔やむほどである。これは「酒のほそ道」と同様に寝室に全巻そろえておくべきマンガだと思う。んー味わい深いし、勉強にもなる。
これは超おススメ!

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です