今日は秋分ですよ!

【この記事の所要時間 : 約 1 分

Wikipedia – 秋分

秋分(しゅうぶん)は、二十四節気の第16。八月中(旧暦8月内)。
現在広まっている定気法では、太陽が秋分点を通過した瞬間、すなわち太陽黄経が180度となったときで、9月23日ごろ。暦ではそれが起こる日だが、天文学ではその瞬間とし、日のほうは秋分日(しゅうぶんび)と呼ぶ。
期間としての意味もあり、この日から、次の節気の寒露前日までである。

秋分は秋の季語である。

旧家なり 秋分の日の 人出入り
新田郊春

秋分の日は、先祖を敬い、偲ぶ日として国民の祝日となっているが、3日前から3日後までがお彼岸とされている。彼岸というのは、あちらの世界であり、墓参りに行く人も多いかと思う。
お彼岸といえば、おはぎというイメージであるが、これは、お米や小豆が貴重だった時代の名残だと言われている。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です