銚子の旅 – 銚子ポートタワー

【この記事の所要時間 : 約 2 分


銚子ポートタワー

「銚子ポートタワー」は、総ガラス張りでツインタワー構造の展望施設です。千葉県の「ふるさと千葉5ヶ年計画」の一環として建てられたもので、平成3年6月23日にオープンしました。 エレベーターに乗り展望室まで上がると、360度のパノラマの景色が見渡せます。4階の展望室からは、雄大な太平洋の大海原や、その太平洋に利根川が流れ込む様子など、大自然のゆったりとした眺望が楽しめます。眼下には、日本有数の水揚げ量を誇る銚子漁港が間近で見え、豪快な水揚げ風景や、行き交う漁船などの活気あふれる風景も見ることができます。

銚子のランドマークといえば、銚子市内を一望できる銚子ポートタワーである。展望室は4Fにあり、地上約46.95mの高さである。4Fだからそれほど高くはないと行く前は思っていたが、実際上がってみると結構高くて、非常に見晴らしがよかった。

展望室には、喫茶店も併設されており、コーヒーを飲みながらゆったりと景色を眺めることができるようになっていた。行ったのは午前中だったが、夕方に行くと夕日など非常にキレイだろうなあと思わされた。







スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です