銚子の旅 – 銚子電鉄(銚電)

【この記事の所要時間 : 約 3 分


Wikipedia – 銚子電鉄

銚子電気鉄道株式会社(ちょうしでんきてつどう)は、千葉県銚子市に鉄道路線を有する鉄道会社である。銚子電鉄あるいは銚電と略称される。鉄道事業のほか、赤字経営による資金不足を補うための副業としてぬれ煎餅の製造・販売を行っている。
横領事件の発生により銚子電鉄は運転資金の不足を生じ、2006年11月には鉄道車両の法定検査が行えないという事態に陥った。同社は11月15日、ウェブページ上で「電車修理代を稼がなくちゃ、いけないんです。」という文章を掲載して、ぬれ煎餅の購入などによる支援を呼び掛けた。
この件は2ちゃんねるなどの電子掲示板や、個人の設置したブログなどのウェブサイトを通じて大きな話題となり、マスメディアによる報道も手伝って、支援をしようという人々からぬれ煎餅の注文が殺到、製造が間に合わずに何か月も発送が遅れたり、一時は注文の受け付けを中止するほどであった。2008年5月には再開されている。また「電車修理代を稼がなくちゃ、いけないんです。」の言葉は『現代用語の基礎知識』に収載されるほどになった。
現在、ぬれ煎餅は赤字に苦しむ会社の経営を支える大事な経営資源となっている。また、沿線の観光資源にもなっている。近年はぬれ煎餅以外にも揚げもち、佃煮などの製造・販売も展開している。

ローカル鉄道として鉄道マニアや写真マニアからも注目されている銚子電鉄であるが、2006年の資金難によるぬれ煎餅販売が話題となり、全国の人にも知られるようになっている。

潮風とロマンのふるさと – 銚子電気鉄道
銚子電鉄のホームページは、上記のように手作り感満載で、ローカル風味をうまく醸し出している。実際の銚子電鉄は、1両のみで運転しており、30分に1本のペースで運行。観光客が多く、あまり地域の住民の人は使っていないのかもしれない。たしかに銚子のあたりは車がないと生活しづらいと思われるので仕方がない面もあるとは思う。
社員の方に話を少し聞いてみたが、様々な形で経費を削減しているようで、駅舎のタイルを補修するお金がないために、タイルを全部はがしたりしているとのこと。こういった路線を保つのはなかなか難しいものであるらしい。






スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です