銚子の旅 – 犬吠埼灯台

【この記事の所要時間 : 約 3 分


犬吠埼灯台

犬吠埼燈台(いぬぼうさきとうだい)は千葉県銚子市のはずれ、犬吠埼の突端に立つ灯台である。周辺は水郷筑波国定公園の一部となり、太平洋に臨む景勝地。犬吠埼灯台は日本を代表する灯台の一つで歴史的文化財的価値が高く、Aランクの保存灯台ともなっている。「世界灯台100選」、「日本の灯台50選」にも選ばれている。本灯台は一般公開されている参観灯台であり、上まで登ることができるが、螺旋階段の数が九十九里海岸にちなんで99段となっている。灯台上からは太平洋を一望の下にできる。大人200円、小人無料。

犬吠埼灯台は、銚子電鉄・犬吠駅より徒歩10分の場所にある。犬吠埼灯台にはエレベーターはなく、らせん階段を上る必要がある。階段は全部で99段であり、九十九里浜にちなんで設計したと言われている。

犬吠埼灯台の入り口の脇には、灯台に関する資料や海上保安庁の資料などが閲覧できる展示室があった。そこでは犬吠埼灯台を設計したイギリス人技師に関する情報や灯台の歴史などを学ぶことができる。

灯台の入り口かららせん階段を上ると展望台へ登ることができる。99段となっているが、途中であと40段とかあと20段がんばれ!とか書いてあったので気分的に一気に登ることができた。

展望台まで行くと、手すりはあったが、道がとても狭くてちょっと怖かった。天気が良かったので、銚子一帯を一望することができた。

ちょっとしたデートスポットになっているのか、カップルがとても多かった印象である。バイクや自転車で灯台へきている人たちも多く、地元に密着したスポットで、観光客だけのスポットではない感じだった。

ここの郵便ポストに投函すると、消印がちょっと特殊なものになるらしい。ただし、犬吠埼灯台の受付ではハガキは売ってなかった。これは絶対売るべきだと思う。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です