今日は重陽の節句ですよ!

【この記事の所要時間 : 約 2 分

Wikipedia – 重陽の節句

重陽(ちょうよう)は、五節句の一つで、9月9日のこと。旧暦では菊が咲く季節であることから菊の節句とも呼ばれる。
陰陽思想では奇数は陽の数であり、陽数の極である9が重なる日であることから「重陽」と呼ばれる。奇数の重なる月日は陽の気が強すぎるため不吉とされ、それを払う行事として節句が行なわれていたが、九は一桁の数のうち最大の「陽」であり、特に負担の大きい節句と考えられていた。後、陽の重なりを吉祥とする考えに転じ、祝い事となったものである
邪気を払い長寿を願って、菊の花を飾ったり、菊の花びらを浮かべた酒を酌み交わして祝ったりしていた。また前夜、菊に綿をおいて、露を染ませ、身体をぬぐうなどの習慣があった。しかし、現在では、他の節句と比べてあまり実施されていない。

重陽は秋の季語である。
重陽の節句には菊酒である。

草の戸や 日暮れてくれし 菊の酒
松尾芭蕉

ナインティナインは、9月9日をナイナイの日と言っており、以前までは毎年ライブを行っていた。そのライブのDVDボックスも発売されている。

五節供の楽しみ―七草・雛祭・端午・七夕・重陽
冷泉 為人 西岡 陽子 山埜 幸夫 田中 久雄 四方 邦〓
淡交社

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です