今日は二百十日ですよ!

【この記事の所要時間 : 約 1 分

Wikipedia – 二百十日

二百十日(にひゃくとおか)は、雑節のひとつで、立春を起算日(第1日目)として210日目、つまり、立春の209日後の日である。
21世紀初頭の現在は平年なら9月1日、閏年なら8月31日である。数十年以上のスパンでは、立春の変動により9月2日の年もある。
季節の移り変わりの目安となる「季節点」のひとつ。台風が来て天気が荒れやすいと言われている。夏目漱石『二百十日』が有名である。

二百十日は秋の季語である。

我背戸に二百十日の茄子哉
正岡子規

二百十日や二百二十日前後に吹く強風のことを野分と呼ぶが、野分を使って松尾芭蕉が詠んでいるものもある。

野分して 盥に雨を 聞く夜かな
松尾芭蕉

二百十日・野分 (新潮文庫)
夏目 漱石
新潮社
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください