2012年9月から35歳以上の妊婦なら血液検査による出生前診断ができるようになるらしい!

【この記事の所要時間 : 約 2 分

朝日新聞 – 妊婦血液で出生前にダウン症診断 精度99%、9月導入

妊婦の血液から胎児のDNAを調べ、ダウン症か確認できる新型の出生前診断を、国立成育医療研究センター(東京)など国内約10施設が始める。9月以降、共同臨床研究として行う。安易に検査を受け予想外の結果に悩んだり、不正確な情報で中絶を選んだりする例も出かねないため、相談支援態勢も充実させる。
この検査法は米国の検査会社が開発、昨年10月、米国で導入された。少量の血液を調べれば、ダウン症か99%の精度でわかる。
臨床研究には昭和大など、出生前診断について相談、支援できる態勢が整った約10施設が参加予定。各施設とも院内の倫理委員会の承認を経た上で、開始する。35歳以上が対象で、費用は約21万円。

本格導入前の指針作りのための共同臨床研究という形ではあるが、羊水検査や血清マーカー検査、超音波検査ではなく、血液検査で精度の高い出生前診断が可能になるようである。対象が35歳であるのは、高齢出産者が対象ということだろう。保険がきかないため費用は全額自己負担。
1年で1千人のデータを集める予定とのことらしい。この手法は、アメリカの企業が開発した検査手法を利用して妊婦の血液に含まれる胎児のDNAを調べるようである。妊娠10週目から検査可能とのこと。
リスクが低下して乱用されれば、妊娠中絶という倫理問題も出てくるが、晩婚化に伴い高齢化出産が増えている現代にあったルールが作られるならば、母体保護法との関連などで今後話題になることが増えてるだろうと思われる。
Wikipedia – 母体保護法

母体保護法(ぼたいほごほう、昭和23年7月13日法律第156号)は、不妊手術及び人工妊娠中絶に関する事項を定めること等により、母性の生命健康を保護することを目的とする法律である(同法1条)。

母体保護法 – 厚生労働省

出生前診断 (ちくま新書)
西山 深雪
筑摩書房
売り上げランキング: 305,058
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください