★★★☆☆[映画] 恋愛戯曲 私と恋におちてください (レビュー・感想・解説・ネタバレ)

【この記事の所要時間 : 約 2 分

鴻上尚史の大ヒット舞台を待望の映画化!恋も仕事もちょっと前向きになれる、疾走ラブコメディー!1行も書けなくなった女性脚本家・谷山真由美。ダメ社員のレッテルを貼られたTV制作プロデューサー・向井正也。崖っぷちの二人がTV局の命運をかけたドラマを作ることに!二人は恋も仕事も敗者復活できるのか?!深田恭子、椎名桔平ほか出演。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

レビュー・感想・解説・ネタバレ

完全ネタばれなので、映画未視聴の方は、決して読まないように。

舞台の映画化である。

舞台の方も見に行っていたので、映画の方はどうかと思い観てみた。舞台のDVD化でも思ったが、やはり舞台は舞台で見ないと良さが半減すると思う。もちろん脚本の良さはあるが、舞台での良さは映像にするのは難しいのかもしれない。

たぶん間やテンポが映画向きではないのかもしれない。

脇役というか端役としてたまに見に行く「虚構の劇団」のメンバーたちが出ていたので、そちらの方が少し気になったくらいである。


恋愛戯曲~私と恋におちてください。~

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください