デジタルグレーカードがやってきた!

【この記事の所要時間 : 約 1 分

graycard01.JPG
先日、ホワイトバランスのマニュアル設定の必要性を痛感し、購入したのが、デジタルグレーカードである。カードは3枚入っており、黒、白、グレーの3色でグレーはいわゆる18%グレーである。
18%グレーカードとは、光の反射率が18%になるようグレー色に塗られたカードのことであり、このグレーカードをレンズの前において露出を測れば露出補正なしで適正な露出が得られるという優れものである。
なぜ、18%グレーカードを使うと適正露出が得られるかといえば、カメラ内蔵の露出計が反射率18%を適正露出として計算しているからである。なぜ18%かということであるが、聞いたところによると、複数の説があるらしく、空を1/3入れた風景の反射率の平均が18%説、人の肌の反射率の平均が18%説、自然界の全ての色の反射率の平均が18%説などである。
ちなみにグレーカードとしてのおススメは、プロ用カメラ用品で有名な「銀一」のグレーカードとのこと。ホワイトバランスなど気にしたくない!という人は、RAWで撮影するのがいいと思う。
ちなみに購入したのは、以下のもの。

graycard02.JPG

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です