楽天電子ブックリーダー(kobo Touch)を予約した!

【この記事の所要時間 : 約 2 分


電子ブック – kobo Touch

約1000冊以上の本が185gの軽さ、電子ペーパーで目に優しい、疲れにくい、タッチスクリーンでカンタン操作、文字の拡大縮小も自由に調整、メモや辞書など便利な機能、1回の充電で最長約1か月使用可能

楽天が電子ブックリーダーkoboで電子書籍事業を開拓する

楽天が電子ブックリーダーkobo touchの提供を今月19日から開始することを発表した。販売は「楽天市場」、「楽天ブックス」と家電量販店で行い、大手書店にも実機に触れられるデモスペースを用意する。kobo touchは昨年楽天が買収したKoboが提供しているイーインクの電子ブックリーダーで、Kobo社はすでに190カ国にで利用できる電子書籍サービスを提供している。
kobo touchの特徴として上げられるのはまず端末の計量感と価格だ。重さ185g、薄さ10mmと軽くて小さくジャケットのポケットにも入る大きさだ。容量は使用できるメモリが1GBで約1000冊をダウンロードして持ち運べる。microSDにも対応しているので容量は問題ないだろう。気になる価格だが楽天は挑戦価格として7,980円と発表した。

楽天が、アマゾンのキンドルに対抗して電子ブックkobo-touchを発表した。ワイヤレス機能がついていて、電子ブック以外のPDFやJPG,GIFなどもファイルも閲覧できるので、いわゆる電子ブック以外の使い方もあるかもしれない。
あと値段も安い7,980円はかなり普及価格であると思う。
さらに楽天のプラチナ会員なら3,000ポイントバックがあるので、実質約5,000円で購入できる。
さっそく予約が始まっていたので、予約した。
色は、kobo Touch(シルバー)である。
たまには人柱もいいかもしれない。
「キンドル」「コボ」「リーダー」…電子書籍端末3機種の比較はこちらへ


楽天Koboライティングライフ公式ガイド
村上 俊一
インプレス (2015-05-14)
売り上げランキング: 1,437,710
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です