今日から生食用「牛レバー」の販売・提供が法律により禁止となる!

【この記事の所要時間 : 約 2 分

leaflet_240627_01.gif
本日、2012年7月1日から生食用「牛レバー」の販売・提供が法律により禁止となった。

平成24年7月から食品衛生法に基づいて、牛の肝臓を生食用として販売・提供することを禁止することとなりました。これは、牛の肝臓を安全に生で食べるための有効な予防対策は見い出せておらず、牛の肝臓を生で食べると、腸管出血性大腸菌による重い食中毒の発生が避けられないからです。レバー(肝臓)の内部からも腸管出血性大腸菌が検出されたことが報告されています。腸管出血性大腸菌は、少数の菌だけでも、食中毒を引き起こします。一般に牛レバーを含む食肉を生で食べると、食中毒のリスクがあります。「新鮮」かどうかは、関係ありません。

違反した飲食店には自治体が行政指導を行い、悪質な場合は「2年以下の懲役か200万円以下の罰金」を科すことができるようだ。
ただ、今回は、「牛」に限った話であるので、「豚」「鳥」などはまだOKなようである。この件に関しては、反対論も多く、牛レバーの愛好者などは昨日までに駆け込みで焼き肉店などで生の牛レバーを食べたようである。
そこまで生の牛レバーに愛着はないので、まあいいが、こういった食べ物の規制が法律でかかるのはいまいち納得できない感じはする。
20120701kinshi.jpg

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です