ホワイトバランスのマニュアル設定 – 披露宴編

【この記事の所要時間 : 約 1 分

先日、ホワイトバランスのマニュアル設定の必要性についてエントリーしたが、ちょうど役に立つ場面があったので、撮影した写真で違いを比較してみた。
以下の写真は、F値、ISO値、レンズなどは同じ状態で、ホワイトバランスだけが異なっている。上がホワイトバランス「オート」で、下がホワイトバランスをマニュアル設定したものである。マニュアル設定では、デジタルグレイカードを利用し、場所は、結婚式の披露宴会場である。
結婚式の披露宴会場というのは、まさに、「室内で数種類の光源を混合して照明しているケース」である。比べてもらうとわかると思うが、上はやや赤味がかっていて、下はやや青味がある。実際の目に近いのは当然下である。上の写真も温かみを出すという意味では失敗ではないが、白を白として撮影できているのは、明らかに下の写真である。
購入したデジタルグレイカードと、ホワイトバランスのマニュアル設定が役に立った事例だった。
white_balance_01.jpg
white_balance_02.jpg

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください