死の直前にすでに死んだ近親者等が「お迎え」に来ると思いますか?

【この記事の所要時間 : 約 4 分

読売新聞 – 死亡前、鬼籍の親・仏ら「お迎え」…4割が体験

 自宅でみとられた患者の約4割が、亡くなる前、すでにいない親の姿を見たと語るなど、いわゆる「お迎え」体験を持ち、それが穏やかなみとりにつながっているとの調査研究を、宮城県などで在宅医療を行っている医師らのグループがまとめた。
 在宅診療を行う医師や大学研究者らが2011年、宮城県5か所と福島県1か所の診療所による訪問診療などで家族をみとった遺族1191人にアンケートした。
 「患者が、他人には見えない人の存在や風景について語った。あるいは、見えている、聞こえている、感じているようだった」かを尋ねた。回答者541人のうち、226人(42%)が「経験した」と答えた。
 患者が見聞きしたと語った内容は、親など「すでに死去していた人物」(51%)が最も多かった。その場にいないはずの人や仏、光などの答えもあった。
 「お迎え」を体験した後、患者は死に対する不安が和らぐように見える場合が多く、本人にとって「良かった」との肯定的評価が47%と、否定的評価19%を上回った。
 調査は、文部科学省の研究助成金を得て実施。「お迎え」体験は経験的にはよく語られるが、学術的な報告はきわめて珍しい。
 研究メンバーである在宅医療の専門医、岡部健・東北大医学部臨床教授は「『お迎え』体験を語り合える家族は、穏やかなみとりができる。たとえ幻覚や妄想であっても、本人と家族が死を受け入れる一つの現象として評価するべきだ」と話している。

死ぬ直前に、すでに死んだ近親者等が「お迎え」にくるという言い伝えはよく知られている。実際、映画にもなっている
この「お迎え」が本当にあるのか?ないのか?
みなさんはどのように思われるだろうか?
私は、個人的には「お迎え」はあると思う。別にオカルトではなくて。
なぜなら、本当に存在することと見えること(見えると思うこと)は違う。存在していなくても脳のある神経が刺激されれば、本人には見える(見えると感じる)。いわゆるマトリックスの世界である。一般には幻視や幻覚と呼ばれているものだと思う。
質問もそのあたりをうまく考慮しているのか”「患者が、他人には見えない人の存在や風景について語った。あるいは、見えている、聞こえている、感じているようだった」かを尋ねた。”とある。本人はそのつもりはないと思うが、幻覚や幻視、幻聴と言われるものが「お迎え」の実態ではないかと思う。そういう意味で「お迎え」は存在すると考える。
統合失調症の人が幻覚を見る原因は、ドーパミンの過剰分泌だと言われている。なぜなら、ドーパミンの分泌を抑制する薬を投与すると幻覚が発生しなくなるからである。つまり、一般の健常者でもドーパミンを過剰分泌させる薬を投与すれば、幻覚を見ることはできるのだと思う。
だから死ぬ直前の人というのは、どういうメカニズムかわからないが、ドーパミンが過剰分泌している可能性がある。それによって死を受け入れる準備ができるのだとすれば、神が人間に与えてくれた最後のすばらしい機能と言えるだろう。
研究メンバーである在宅医療の専門医、岡部健・東北大医学部臨床教授は、ブログで以下のように書いている。
「お迎え」は死の作法 – 岡部健

 研究会のメンバーたちと一緒に在宅患者の遺族に調査もしました。驚いたことに、回答366件のうち42%で、他人には見えない人や風景を患者が語っていた。亡くなる1カ月前に「部屋の隅に母ちゃんが来た」と言い、「迎えに来たのか」と会話した80代男性もいました。結果は論文にまとめ、学術誌や学会で発表しました。
 《お迎えは穏やかに死を迎える作法の一つと考えるようになった》
 診療所のカルテには、患者の話を記録する「生言葉ファイル」の欄があり、そこにもお迎え体験は出てきます。もし病院で「死んだ母ちゃんだ」と言ったら、幻覚と言われ、治療の対象になってしまう。在宅で最期を迎えるからこそ、患者も口にできると思います。

死を前にした人が、病院で「死んだ母ちゃんだ」と言っただけで、治療の対象になるかどうかは知らないが、幻覚であるのは間違いではないと思う。治療する必要のない幻覚だけれども。

世界一わかりやすい潜在意識の授業
山田浩典
きこ書房
売り上げランキング: 224,041
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください