写真の部分的な露出修正 – Photoshop編

【この記事の所要時間 : 約 2 分

一眼レフで写真を撮っていると出来上がった写真に手を加えたい場合がある。特に多いのが、部分的な露出の修正である。これを行うのに、Photoshopを利用している。
Photoshopにある覆い焼きツール、焼き込みツール、スポンジツールを利用することで、一部分だけの露出を変えることができる。
ツールのオプションにより範囲を選ぶことができる。範囲は、シャドウ、中間調、ハイライトのうちから選ぶ。

シャドウ:画像の暗い部分を中心に効果を適用
中間調:中間色の部分を中心に効果を適用
ハイライト:画像の明るい部分を中心に効果を適用

となっている。
詳しい使い方についてはアドビが動画で説明してくれているので参考になる。
ADOBE TV – 覆い焼き、焼き込み、スポンジツールの利用

これ以外にもアドビはPhotoshopの使い方を動画で説明してくれているので、わからないところがでてくるとみてみると良いと思う。

Photoshop しっかり入門[CC/CS6/CS5] (Design&IDEA)
まきの ゆみ
SBクリエイティブ
売り上げランキング: 51,157
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください