一眼レフのような写真をiPhoneで撮影する! – Big Lens

【この記事の所要時間 : 約 2 分

big_lens.jpg
カメラアプリで久しぶりにコレ!というのを見つけた。それが、「Big Lens」である。

Big Lens(ビッグレンズ)はiPhoneに対応した究極のフォーカス&フィルタツールです。好きな場所にフォーカスするだけで、iPhoneをプロの一眼レスカメラにします。絞りを設定し、周辺のぼかしレベルを変更し、背景の明るさを調整することで、ぼけ味のある仕上げができます。数々のパワフルなフィルタ効果を装備したBig Lensは、iPhoneでプロ級の写真を撮るのに最適なのツールです。

iPhoneで撮影した写真を一眼レフに単焦点大口径のレンズをつけて撮った写真ようなボケ味のある写真に変換してくれるアプリである。
このアプリで撮影することもできるし、別のアプリで撮影した写真を取り込んで編集アプリとして使ってもいい。ピントを合わせる部分を投げ縄ツールなどで選択し、絞りツールでそれ以外の部分をぼかすという感じ。絞りはF1.8からF3.5まで選択できる。またフィルタによってさまざまな効果をつけることができる。
個人的には、プレミアムモルツのCMのように、グレー背景にして主題のみカラーで残すような写真を作れるフィルタが気にいった!!
20090903_01_000.jpg
フィルタの種類も多く、重宝しそう。
普通のボケは丸みをもった円形になるが、ぼかし方を星形やハート型にする機能もある。編集した写真は、カメラロールに戻したり、電子メールで送ったり、Facebookにアップしたり、Dropboxにアップしたりなどもワンクリックでできるようになっている。
おススメのアプリ!
Big Lens – Reallusion Inc.
Big Lens - Reallusion Inc.
より詳しく知りたい方はこちらへ

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です