「あとで読む」アプリなら、「Read it later」

【この記事の所要時間 : 約 2 分

read_it_later.jpg
http://readitlaterlist.com/
久しぶりのアプリ紹介。それは、「Read it later」である。
カンタンに言えば、「あとで読む」アプリである。
同様なアプリに「Instapaper」というものもあるが、どちらがいいかは好みの問題かな。iPhoneで「Read it later」と連携しているTwitterアプリやブラウザアプリを使えば、後で読みたいと思うサイトがあれば、このアプリに送っておけばいい。特にいいなあと思ったのは、iPhoneで読みやすいように、iPhone用サイトでなくても本文部分だけを抜き出して大きく表示してくれることである。これは読みやすい!
もちろんPCからも連携しているので、PCからどんどん「Read it later」に送っておけば、iPhoneで後でチェックということが可能になっている。
使ってみるまでわからなかったが、有料版のみの機能である「Tap to Save」がすばらしい。Mobile Safariと連動しており、最初に少し設定すれば、Safari上ではてブやRSSなどで気になった記事をワンクリックするだけで「Read it later」へ送ってくれる。これはめちゃくちゃ楽。
「Tap to Save」の使い方は以下から。
フリーザ級)Read it later proがすごすぎてスカウターが壊れた
あとで読むiPhoneアプリ「Read It Later」の基本的な設定や簡単な使い方
無料版でもいいが、「Tap to Save」機能がめちゃいいので、有料版をおススメする。
Read It Later Free – Idea Shower
Read It Later Free - Idea Shower
Read It Later Pro – Idea Shower
Read It Later Pro - Idea Shower

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です