竹光始末 – 藤沢 周平 (書評・レビュー・感想)

【この記事の所要時間 : 約 1 分


竹光始末 竹光始末

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

書評・レビュー・感想

たまに時代小説病が発症する。
本棚にある未読の本の中に時代小説がある時はいいが、ない場合は多いに困る。
困っているばかりではしかたないので、本屋が開いている時間帯であれば、とことこと本屋まで行く。
時代小説病の時は時代小説であればいい。特に著者を指定することもない。
もちろんそういう時には本屋の文庫欄を探すことになる。(安いから)
同じ機能なら安い方がいいという意味では、単行本と文庫の関係は、新薬と新薬(先発品)の特許が切れた後に、同じ成分でつくられるジェネリック医薬品と似ているかもしれない。
・竹光始末
・恐妻の剣
・石を抱く
・冬の終りに
・乱心
・遠方より来る

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください