iPadへPCからiTunesを経由せずに動画を転送する方法

【この記事の所要時間 : 約 4 分

一眼レフで撮影した動画をiPadで閲覧するために試行錯誤しているが、いろいろと検討した結果、GoodReaderとDropboxの連携がベストだと判断した。
まずは、GoodReaderとDropboxを連携させる。GoodReaderを起動し、「Web Downloads」→「Connect to Servers」とタップすると「Add」というタブのところにDropboxが表示されているのでタップ。Dropboxに登録しているメールアドレスとパスワードを入力すると、「Connect to Servers」の中にDropboxが表示され、タップするとDropbox内のファイルが表示される。この連携ができていると、Dropboxに置いてあるファイルをGoodReaderへカンタンにコピーできる。
次に、CANON EOS Kiss X4で撮影した動画は、MOVファイルであるので、そのままではiPadでは読み込めない。
そこで利用するのが、iPad 向けの動画を作成する動画変換ソフトである。前は「XMedia Recode」をよく使っていたが、最近では、「XviD4PSP」をよく使っている。
「XviD4PSP」の使い方は以下の通りである。

0.XviD4PSP を起動
1.画面下部 「ここにファイルをドロップ…」 に、変換したいファイルをドラッグ(複数可)
2.リストに追加されたファイルをクリック
3.画面右側の欄で、作成する動画の品質を設定
   ・形式:MP4
   ・プリセット:Apple iPad
4.画面下部の「名前を付けて保存」 ボタンをクリック
   → 変換したファイルの出力先フォルダを決定
5.最初に複数のファイルをドロップして追加した場合、残りのファイルを選択
   → 同じように設定を行う
6.画面下部の 「エンコード開始」 ボタンを押せばOK
  → ファイルの変換処理が実行される
7.しばらく待ち、「すべてのタスクが完了!」 で変換完了

変換が完了すると、動画は、MP4ファイルとなる。このファイルをDropboxへアップロードし、さらに連携したGoodReaderからダウンロードすれば、PC → Dropbox → iPad(GoodReader)とデータが移動され、いつでもiPadで動画を見ることができる。(もちろん、Dropboxに置いてある動画をGoodReaderにダウンロードしなくても見ることはできる)
以下、参考までに。
全てのファイルはクラウドへ。GoodReaderバージョン2.7でDropboxと連携。
パソコン上の動画をリモートで鑑賞できる「Air Video」というアプリもあるが、iPadの容量が少ない時はいいかもしれないが、インターネット経由なので、うまく閲覧できないこともあるし、ルーターを調整しないと、同じLAN内のパソコンの動画しか見れないといったマイナス点がある。そもそも動画を置いているパソコンを立ち上げていないと意味がないので、iPad単体を持ち運びして動画を見るというニーズは満たせないので却下した。
以下、参考までに。
PCに保存された動画をiPhone/iPadでどこでも視聴できるアプリ『Air Video』
より詳しく知りたい方はこちらへ

iCloud&iTunes完璧使いこなしブック (英和ムック)
英和出版社 (2015-10-22)
売り上げランキング: 8,587
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です