賊将 – 池波 正太郎 (書評・レビュー・感想)

【この記事の所要時間 : 約 2 分

賊将 (新潮文庫)
賊将

posted with amazlet
池波 正太郎
新潮社

もはや将軍一個の力ではおさえることができないほど強大になった守護大名の力、足利義政は迫りくる戦乱の予感になんら力を発揮できず憂悶した
西郷隆盛一筋に生きた人斬り半次郎こと桐野利秋は、フランス香水をその身にふりかけ、突撃してくる官軍の中へ斬り込んだ。
火付盗賊改の猛士・徳山五兵衛は、持てあました欲望のはけ口を夜毎描く秘画に求めた。
抗し得ないものと直面する武人たち、その狼が著者独特の人間解釈の妙によって浮き彫りになる。
直木賞受賞直前の力作6選。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

書評・レビュー・感想

時代小説であるが、この6つの中では、「黒雲峠」がよかった。敵討ちをそれに加わるたくさんの人物の視点からアプローチする。敵とされる人物、その人物を助け恩を売ろうとする人物、世間体により敵討ちをしなくてはならなくなった人物、その人物の叔父、その人物の下僕、敵討ちを援助する剣が自慢の人物、命令により手伝うことになる人物、いかに怪我をせずに使命を果たすかと考える人物などおもしろい。
(過去ブログからの転載シリーズ)

本エントリーは、過去に運営していたブログから転載したものであり、一部書き直しならびに追記をしてあります。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です