こんな人こそ外資へ行け! – 尾方 僚,須田 宏樹,安藤 肖吾 (書評・レビュー・感想)

【この記事の所要時間 : 約 1 分

こんな人こそ外資へ行け!
尾方 僚 須田 宏樹 安藤 肖吾
廣済堂出版
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

書評・レビュー・感想

・外資系企業で働いた人の体験談
・日本企業の不可思議
・どういう人が外資で成功しないのか
・日本企業という選択
・外資で成功するための秘訣
などが書いてありました。
全体を通してたいしたことはかいていません。読むだけ時間の無駄です。ホントに外資で働きたいという人は読むべきではないでしょう。程度が低いような感じがしました。これは文庫ではないので、1300円ですが、はっきりいってぼったくりです。外資で働きたい・今後働こうと思っている人により良い良著は他にあるでしょう。
(過去ブログからの転載シリーズ)

本エントリーは、過去に運営していたブログから転載したものであり、一部書き直しならびに追記をしてあります。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です