ifの日本史 – 加来 耕三 (書評・レビュー・感想)

【この記事の所要時間 : 約 1 分

「坂本龍馬の暗殺」「本能寺の変」「蒙古襲来」「ペリー来航」…など、日本史における著名な67の事件を、気鋭の歴史家である著者が、「if(もしも)」というキーワードによって、舌鋒鋭く歴史のもうひとつの真実へと切り込んでゆく、ファン待望の書。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

書評・レビュー・感想

んー正直いまいちだった。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です