新ゴーマニズム宣言 special 「台湾論」 – 小林 よしのり (書評・レビュー・感想)

【この記事の所要時間 : 約 1 分

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

書評・レビュー・感想

台湾の歴史から政治、経済、文化、現状などさまざまな情報がマンガとして見やすい形で書かれている。日本統治時代など日本の学校では教えてくれない内容がある。
前総統李登輝氏
現総統陳水扁氏
愛日家蔡混蔡氏
著述家謝雅梅氏
実業家許文龍氏
政策顧問 金美麗氏
などとの対談がぎっしりつまっている。
台湾に旅行に行く前に読む。
地球の歩き方の何百倍、何千倍もの情報量におどろく。台湾に行きたいとおもっている人には必読の書でしょう。分厚く内容が濃いが読みやすいのでお勧め。
(過去ブログからの転載シリーズ)

本エントリーは、過去に運営していたブログから転載したものであり、一部書き直しならびに追記をしてあります。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です