デュアルモニタ問題の解決 – VGAとDVIの違いについて

【この記事の所要時間 : 約 3 分

MacBook Air利用時にデュアルモニタにする際、Mini DisplayPort-VGAアダプタを使ってアナログのVGA端子につないでいたが、いろいろと挙動がおかしいので、なぜかなあと悩んでいたら、デジタルのDVI端子でつないだところ問題が解決した。
どんな問題が発生していたかというと、デュアルモニタで接続している途中にMacがスタンバイモードに入るとセカンドモニタの方が反応しなくなるという現象である。Macを再起動してから再度、ディスプレイ検出を行うと復活するのだが、スタンバイモードに入るたびにそんなことをしていたら大変なので、なにか解決策がないかなあと考えていたら、意外なところが問題だったみたい。
ちょうど知人が、使わなくなったMac用のDVIアダプタがあるというので、手持ちのMini DisplayPort-VGAアダプタと交換してもらうことで追加費用なしでアダプタをゲット。 DVIケーブルをジャンク屋で購入したが、いかんせん、太くて長いので、細くて短いのはないかとアマゾンで探した。

基本的には、上記のような1m以上のものが一般的であるが、以下のような50cmのケーブルというのもある。あまり見かけないし、ほとんどのメーカーでは出していないので貴重な製品かと思う。

上記の製品を作っているメーカーのブログ「ピンきりブログ」を見ていたら、2009年9月にこの50cmのケーブルより短いものがほしいというニーズが寄せられており、それに対して、準備中との回答があった。
短いDVIケーブルが欲しい – ピンきりブログ

貴社より、DLD2-05M-TL 0.5M デュアルリンクDVI-Dケーブルを調達し、自社の機器に組み込んで使用しています。一応、使えてはいますが欲を言えば、もっとスリムで短いDVIケーブルがあるといいですね。
実際、当社の使い方では”極力細くて短い”ことが重要です。
●当社より●
ご利用有り難うございます。
現在、30cm(コネクタ部分の長さを含めて)のDVI-Dデュアルリンクケーブルを準備中です。
数ヶ月以内には出荷できる予定ですので、お待ち下さい。

調べてみると、2010年4月に以下の30cmのケーブルをリリースしていたようである。
ハイパーツールズ 0.3m デュアルリンクDVI-D 24ピンケーブル DLD2-03M-TL
50cmだけでなく、30cmとは。細かいニーズに対応している。
セカンドモニタを右においていて、かつMacBook Airのサンダーボルト口は右側にあるので、短いケーブルがほしかったので、この50cmか30cmのケーブルを購入したいと思う。
>追記
結局、30cmのケーブル購入した。
dvi_01.jpg
dvi_02.jpg

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です