天海……徳川三代を支えた黒衣の宰相 – 中村 晃 (書評・レビュー・感想)

【この記事の所要時間 : 約 1 分

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

書評・レビュー・感想

歴史小説です。
個人的に歴史ものとくに室町以降が好きなので。
徳川家康、秀忠、家光がそれぞれ3分の1づつ絡んできてます。
あと、後水尾天皇と後陽成上皇の皇室関係が少し。
108歳まで生きたらしいが、生まれ年など確定していないようです。
天台宗の東叡山寛永寺の開祖である。
上野桜木の寛永寺には、開祖慈眼大師の木造がある。
またの名を天海大僧正です。
他に南光坊という名もあります。
  政治の要諦とは、
  「禄多きものには権あたえず。権多きものには禄与えず」
歴史小説として可もなく不可もないという感じです。
現在連載中の「あずみ」などにでてくるので興味をもって読んだ。
天海という題名だが、実質は徳川3代っていう感じだった。
(過去ブログからの転載シリーズ)

本エントリーは、過去に運営していたブログから転載したものであり、一部書き直しならびに追記をしてあります。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください