井沢元彦の英雄の世界史 – 井沢 元彦 (書評・レビュー・感想)

【この記事の所要時間 : 約 2 分

世界を動かすのは人間であり、その人間を動かすのが英雄である―。大帝国を築いたアレクサンドロス大王、中国を初めて統一した始皇帝、三国志の英雄、曹操、劉備、孫権、史上最強の遊牧民、チンギス・ハーン、戦国の英雄、信長、秀吉、アメリカの父、ワシントン、欧州支配の野望に燃えたナポレオン、日露戦争の英雄、東郷平八郎…

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

書評・レビュー・感想

本書の中で登場する英雄は以下である。
  ・アレクサンドロス大王
  ・アショーカ王
  ・始皇帝
  ・ハンニバル
  ・項羽と劉邦
  ・ユリウス・カエサル
  ・曹操・劉備・孫権
  ・アッチラ大王
  ・李世民
  ・則天武后
  ・カール大帝
  ・ウィリアム一世
  ・岳飛
  ・サラディン
  ・源義経
  ・チンギス・ハーン
  ・イワン一世・イワン三世・イワン四世
  ・朱元璋
  ・ジャンヌ・ダルク
  ・毛利元就
  ・フェリペ二世
  ・エリザベス一世
  ・織田信長
  ・豊臣秀吉
  ・李舜臣
  ・ピョートル大帝
  ・乾隆帝
  ・エカテリーナ二世
  ・ワシントン
  ・フリードリッヒ大王
  ・ナポレオン一世
  ・ビスマルク
  ・東郷平八郎
  ・チャーチル
  ・アーサー王
世界史の復習的な要素もあり、歴史が好きならばオススメ。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください