なんとアップルのMacBook Air 13インチ がやってきた!

【この記事の所要時間 : 約 2 分


Let’s noteのY4シリーズ、Y7シリーズをずっと使ってきたが、Y7シリーズを購入して3年以上たち、そろそろ交換時期にも来たので、今回は、MacBook Air 13インチを購入した。スペックは、13.3インチ、1,440 x 900、1.7GHzデュアルコアIntel Core i5、4GBメモリ、256GB SSD、USB2.0ポートx 2、Thunderboltポート x 1、SDカードスロット x 1、OS X Lion というような内容である。
アップル – MacBook Air

最新世代のIntel Core i5、i7プロセッサ。高速Thunderbolt I/Oテクノロジー。すべてがフラッシュストレージ。MacBook Airは薄くても、決して機能を薄くはしません。

macbook_air_00.gif
値段のわりに高スペックである。しかもHDDではなく、SSDなのでパフォーマンスには期待している。

MacBook Airにした理由は、iPad、iPhoneとMac製品を使うようになり、メインPCもMacにしたいと思うようになったことと、仮想化ソフトによって、Mac OSとWindows OSをシームレスにMacbook Airで利用できることがわかり、現在のWinマシン環境をそっくりそのまま仮想環境に移行できることがわかったからである。

これで開発環境やWindowsでしか動かないアプリ、各種設定などもMacBook Airで動かすことができるため、Macにしてみようという気になった。はじめは、Windows OSの方を使うことが多いと思うが、Mac OSについてもこれを機会に少しづつ慣れていきたいと思う。

仮想化ソフトや周辺アクセサリなどはすでに注文しているので、おいおい届くはずである。楽しみである。やはり、パソコンを新しくするというのは今だに興奮する。
今年は、iPad2を買ったり、iPhone4Sを買ったり、スティーブ・ジョブズが亡くなったりと個人的にも世界的にもappleが話題になった年であるが、年末近くになって、MacBook Airまで買うとは思わなかった。
ずいぶんアップル製品に囲まれた生活になったもんだ。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です