めしばな刑事タチバナ – 坂戸 佐兵衛 (書評・レビュー・感想)

【この記事の所要時間 : 約 2 分

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

書評・レビュー・感想

アマゾンのおすすめ商品にてジャケ買いしたコミックであるが、「当たり」であった。かんたんに言うと、B級グルメコミックであるが、どうでもいいような細かいところにこだわるとここまで面白くなるかという感じ。出てくるお店もチェーン店などよく知っている店ばかりなので、本書を読んだ後にその店の前を通るととても気になる。(副作用として腹が減るというのがあるが)
ただ、東京在住もしくは関東在住でないとわからないものがあるかもしれないので、地方の方には面白さがわかりにくいかもしれないが、東京に住むサラリーマンにはまちがいなくどストライクと言える。身近で共感できる内容である。
グルメマンガ好きにはオススメの作品。第一巻は、牛丼、立ち食いそば、袋入りラーメン、カレーなどであったが、二巻以降がすぐにほしくなる。
うんちくがうざいと感じる人は微妙だが、うんちくもここまでいけば天晴れ。
アサヒ芸能で連載されているらしいが、さすがにアサヒ芸能まではチェックしていないので、アマゾンのおすすめ機能がなければ、知らないままだったので、アマゾンに感謝!
「お前たち、食っぴくぞ!」 なんて典型的な台詞にシビれる!!
第一巻で出てきた辛ラーメンで有名な農心の「カムジャ麺」なるものをめしばな刑事タチバナはオススメしていたが、食べたことがないので、一度食べてみたいと思う。

ちなみに最近食べた富士そばの「春菊天」。
fujisoba_shungikuten.jpg

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です