「履歴書のウソ」の見抜き方調べ方 – 谷所 健一郎 (書評・レビュー・感想)

【この記事の所要時間 : 約 2 分

「履歴書のウソ」の見抜き方調べ方

谷所健一郎
シーアンドアール研究所

楽天で詳細を見る

「優秀な人材をいかに確保するか」は、単に人事担当者にとってだけではなく、会社にとって大きなテーマです。一方で、昨今の景気を反映して、少ない求人に多数の応募者が殺到し、採用されたいがためについつい応募書類に過剰な表現を用いる応募者も急増しています。本書は、面接前に目にする履歴書、職務経歴書、インターネットのエントリーシートなどの応募書類から、応募者がどんな人物かを見抜くテクニックを解説します。1万人以上の面接経験を持ち「伝説の人事部長」とも呼ばれる谷所健一郎が、その豊富な経験を元にズバリと語ります。
第1章 : 履歴書のウソを見抜く
第2章 : 職務経歴書のウソを見抜く
第3章 : エントリーシートのウソを見抜く
第4章 : 面接でウソを見抜く
第5章 : 入社時の書類で事実を確認する
第6章 : 書類に偽りがあったときの対処法

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

書評・レビュー・感想

採用面接の実践に役に立つというよりは、採用面接官経験者のあるあるネタのような感じ。採用面接というのは「人間を見る」ということなので、人それぞれのケースが多いが、ある程度、数をこなした人にだけわかるパターンが書かれているといった印象である。
急に採用面接官になった人が本書を読んでもたぶん役に立たないように思う。ある程度、面接官として経験をつんだ上で読むといいかもしれない。そういった意味では、
急に採用面接をしなくてはならなくて、採用面接の流れをざっくり押さえたいという人は、
上手な採用面接の仕方が面白いほどわかる本
が薄めの本なのでさくっと読めていいかと思う。
じっくり、採用について検討し、会社を伸ばす人材というものを考えたいのであれば、
「会社を伸ばす人材」を見つける採用面接マニュアル
がいいかと思う。ただし中小企業の採用のみ。
本書は、そういった本を読み、かつ実践した後に読むと面白いと思われる。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です