iPad 向けの動画を作成する動画変換ソフト

【この記事の所要時間 : 約 3 分

iPadでの動画再生は、意外に難しい。理由としては、iTunesが対応形式に厳しくて読み込めない動画が非常に多いということである。
よってiPadで動画を見る場合は、ひと手間をかけてやらなければならない。そのひと手間が、動画を「iPadで再生できる形式に変換する」ことである。
iPadで再生できる形式に動画を変換する動画変換ソフトというのがある。以下のサイトで6つ紹介されているが、個人的に使っているのは、「XMedia Recode」である。
iPad 向けの動画を作成できる 6 つの動画変換ソフト

XMedia Recode

非常に多くのフォーマットに対応した動画変換ソフトです。
プロファイルで 「Apple」 を選択すれば、iPad 用のものが出てきます。

MediaCoder

こちらも、多くのフォーマットに対応したマルチコンバーターです。
メニューバー上の 「menu_features」 → 「拡張」 → 「デジタルメディアプレイヤー」 から、
「iPhone / iPod / iPad / Apple TV」 を選択します。

XviD4PSP

各種動画ファイルを、iPod / iPhone / iPad / PSP / PS3 向けの動画に変換してくれるソフト。( 「.NET Framework 4」と「Microsoft Visual C++ 2010 ランタイム」が必要)

RipBot264

iPod、iPhone、iPad、PSP、Blu-ray 向け のH.264 動画を作成することができるソフト。
プロファイルに 「iPad」 があります。

SUPER ©

多機能なマルチメディアエンコーダー。
プロファイルに 「Apple – iPad/iPod/iPhone (MP4) 」 があります。

Free Video Converter

多形式に対応した動画変換ソフト
プリセットに 「iPad」 があります。

「XMedia Recode」は、ほぼすべての動画形式をiPad用に変換でき、また使い方がカンタンなのでオススメである。
使い方は、以下のサイトを参考に。
あらゆる動画をiPadで再生できる形式に変換「XMediaRecode」

1.「XMedia Recode」をダウンロードして起動。「ファイルを開く」をクリック
2.ファイルを選択したら下の「形式」タブで「プロファイル」から「Apple」「iPad H.264 1024×768~」を選択しよう
3.画面下の「出力方法」で「フォルダに保存」を選択。「保存先」で適当なフォルダを指定する
4.開いているファイルをすべて選択した状態で、メニューボタンの「リストに追加」をクリック
5.「リスト」タブに動画が追加されたのを確認。メニューバーの「エンコード」をクリックしよう
6.動画のエンコードが行われるので完了するまで待機
7.設定したフォルダにMP4形式の動画が出力される。後はiTunersの「ムービー」にドラッグ&ドロップで登録して、iPadで共有すればよい

このひと手間で、iPadで動画再生が楽になる。

DVDコピー&動画変換マニュアル (SOFTBANK MOOK)
ソフトバンククリエイティブ
売り上げランキング: 1,034,330
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です