ほつと月がある東京に来てゐる

【この記事の所要時間 : 約 2 分

chushunomeigetsu_2011_03.jpg

30.0mm、1/10秒、ISO100、F1.4、補正-5.00

昨日、2011年9月12日は、「中秋の名月」だった。
東京の月といえば、種田山頭火の以下の俳句を思い浮かべる。

ほつと月がある東京に来てゐる

望遠レンズを持っていないので標準レンズでがんばって撮影してみた。
chushunomeigetsu_2011_01.jpg

30.0mm、1/10秒、ISO100、F1.4、補正-5.00

こちらが拡大したもの。
んー。やはり望遠レンズがないと厳しいなあ。
全然、雰囲気が出ない・・・
望遠レンズがないと、こういうのは、撮れない。
chushunomeigetsu_2011_04.jpg

30.0mm、30.0秒、ISO100、F16.0、補正0.67

こちらは、F16まで絞ったもの。
月のような点光源は絞りを絞るほど光が放射状に映る。
月の光がキレイな放射状に。
まだこちらの方がいい感じか。
chushunomeigetsu_2011_02.jpg

30.0mm、30.0秒、ISO100、F16.0、補正0.67

家人の名前が月に由来があるので、望遠レンズを手に入れたら、キレイな月をしっかりと撮ろうと思う。
200mmから300mmくらいの望遠レンズがいいなあ。
デジタル一眼レフをはじめてみようと思う人は、以下のセットがオススメである。

canon_eos_kiss_x4_body.jpg sigma_30mm_f1.4.jpg
メーカーページ
楽天で最安値を検索
メーカーページ
楽天で最安値を検索
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です