スピード – 石丸 元章 (書評・レビュー・感想)

【この記事の所要時間 : 約 1 分

コカイン、ハシシ、スピード、LSD、・・・
主題ライターの「オレ」が巻き込まれた薬物使用者の壮絶でクレイジーな世界。
ありとあらゆる薬物にはまり、幻覚、幻聴に苦しみ、精神と肉体を病み尽くした悪夢の4年間を、狂気と正気の間を往復しながらポップな文体で綴る。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

書評・レビュー・感想

「ミイラ取りがミイラになる」の現代バージョンである。
著者は、薬物使用者の取材をするためにさまざまな薬物常用者がいる場所に潜入していくが・・・・最終的には著者自身が常用者になり逮捕される。著者が書いている「KAMIKAZE」を読んでいたため名前は聞いたことはあると思っていたが、その前にこんな事件を起こしているとはまったく知らなかった。最近少ないガッツのあるノンフィクションライター自身の物語である。
(過去ブログからの転載シリーズ)

本エントリーは、過去に運営していたブログから転載したものであり、一部書き直しならびに追記をしてあります。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です