キャノンの「EF16-35mm F2.8L II USM」を借りた!

【この記事の所要時間 : 約 2 分


キャノンの「EF100mm F2.8Lマクロ IS USM」に引き続き、キャノンの「EF16-35mm F2.8L II USM」を借りた!こちらもLレンズであり、100mmマクロよりもお高い。
EF16-35mm F2.8L II USM

広大な範囲を写し込む。遠近感を強調する。ズーミングによってダイナミックにパースペクティブを変えながらフレーミングしていく、超広角ならではの快感を存分に味わえるレンズです。開放F値は2.8。大口径ならではの大きなボケ味を活かして、より豊かな表現力を持った作品をつくることが可能です。風景写真からスナップまで、ダイナミックでメリハリの利いた個性的な一枚が狙えます。

やはり広角はいいですな。



16mmから35mmまでのズームレンズなので、画角の違いをアヒルでチェックしてみると以下の通り。APS-Cで撮影しているので、換算では1.6倍。35mmで50mm強となり、16mmで約25mmとなる。





さすがお高いだけあって広角側から標準までびっしりいけますね。今は、標準レンズとして、シグマの30mm F1.4を使っているが、広角レンズをひとつ追加したいと妄想中。
そうなると、シグマの20mm F1.8 EX DG ASPHERICAL RFなんかが良さそうに思える。
これがあれば、10mm、20mm、30mmで、魚眼、広角、標準というラインナップが揃う。

デジタル一眼レフをはじめてみようと思う人は、以下のセットがオススメである。

canon_eos_kiss_x4_body.jpg sigma_30mm_f1.4.jpg
メーカーページ
楽天で最安値を検索
メーカーページ
楽天で最安値を検索
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください