劇団「第三舞台」が解散すると発表した

【この記事の所要時間 : 約 2 分

劇団「第三舞台」が解散へ – nikkansports.com魚拓

1980年代の「小劇場演劇ブーム」の中心的存在で、筧利夫や勝村政信ら人気俳優を輩出した劇団「第三舞台」を主宰する鴻上尚史氏(52)が21日、東京都内で記者会見し、11月から来年1月にかけて行われる公演「深呼吸する惑星」を最後に、同劇団を解散すると発表した。
鴻上氏は解散を決めた理由について「“故郷”(劇団)に正式に別れを告げた方が、クリエーターとして次の地平に行けるのではないかと思った」などと語った。
「第三舞台」は、鴻上氏が早大在学中の81年に結成。作・演出を鴻上氏が担当し、テンポのよいせりふ回し、ダンスやギャグを交えて時代を切り取る作風が若者の人気を集めた。代表作に「朝日のような夕日をつれて」「天使は瞳を閉じて」など。
2001年の公演後、鴻上氏は「大きくなって10年後に再会したい」として同劇団の活動を封印していた。

残念なニュース。
今年の11月に10年間の封印を解除して、復活公演をするという話だったのに、復活公演&解散公演になってしまうようだ。
2011年11月下旬から12月中旬にかけて紀伊國屋ホールで実施し、12月中旬以降、大阪ほかツアー公演を予定しているので、チケット争奪戦になりそうな予感。
第三舞台の復活公演&解散公演「深呼吸する惑星」が楽しみだ!
やはり、鴻上尚史さんとしては、「虚構の劇団」にシフトしていくのだろうか・・・

私家版 第三舞台FINAL
私家版 第三舞台FINAL

posted with amazlet at 15.11.19
論創社
売り上げランキング: 272,098
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です