女について – 佐藤 正午 (書評・レビュー・感想)

【この記事の所要時間 : 約 1 分

彼女はぼくと同じ18歳だった。はじめての女性だった。好きかと尋ねられて頷いた。家族以外の女性についたはじめての嘘。嘘を重ねるために他の女性を拾い、途切れ途切れに続いた彼女との関係も、僕が街をでることで終止符が打たれた。
青春のやるせなさ、ほろ苦さを瑞々しい感性で描く秀作集。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

書評・レビュー・感想

タイトルは「女について」。
その名のとおり、女性についての短編集となっている。
しかし佐藤正午ファンの1人としてたまらないところは、女性のことを語っていながら、実のところはその先にある作者の分身のような「ぼく」を含む男性について語っているところかもしれない。もともとのタイトルは「恋売ります」。内容もここから想像していただければ。なかなかの秀作だと。男性向けかな?
(過去ブログからの転載シリーズ)

本エントリーは、過去に運営していたブログから転載したものであり、一部書き直しならびに追記をしてあります。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です