iPadアプリ – GoodReader を使ってみた!

【この記事の所要時間 : 約 5 分

ipad_goodreader_01.jpg
iPad2を購入してから、使ってみたアプリ第一弾であるが、実用アプリと呼ばれる「GoodReader for iPad」である。
iPad2を触っていると、少しづつであるが気づくことがある。それはPCとの違いである。PCでいつもやるあれはiPadではどうやればできるんだろうか?そういう疑問が少しづつ出てくる。説明書というのはたいていのものがそうであるが、出来ることは書いているが、出来ないことは書いていない。
iPad2をはじめてさわって、まずはPCにあるファイルをiPad2で開いてみようと思った。すると、こういう疑問がわいてくる。「ファイルの管理はどうするの?どうやって保存して、どうやって検索して、どうやって開くことができるの?そしてそれはどこに保存されるの?」というものである。
ぐぐったりしながら調べていくと、Windowsでいうところのエクスプローラーのようなディレクトリ階層という概念がiPadのOSにはないということがぼんやりとわかってくる。
ではどうすればファイル管理をしたり、閲覧したりできるのか?
それを行うのが「アプリ」である。
それに気づくのに時間がかかった。
Windowsだけではなく、Linuxなどにおいても一番初めに行うのが、pwd(現在のディレクトリの場所の確認)や ls(カレントディレクトリの情報を表示)や cd(ディレクトリの移動)であり、カレントディレクトリやディレクトリ階層という概念が頭の中にあるが、iPadのホーム画面ではそれがないということを短時間で理解することができなかった。固定観念ですな。
iPadのホーム画面にはディレクトリ階層の概念はないが、アプリを使うことで、ディレクトリ階層をもったファイル管理は実現できる。
それを実現するアプリが、「GoodReader for iPad」だ。
ファイル管理だけでなく、さまざまなファイルの閲覧もできる優れたアプリであることがわかる。PCであれば、Officeをインストールしないと見れないWordやエクセルのファイルもこのアプリで閲覧することができるし、PDFや画像、動画もOK。PCからiPadへ移ってきた人であれば、まずは何はなくともこのアプリを入れる必要があると思う。
そして、PCからiPad2へどのようにしてファイルを移動するかだが、大きく3つに分けられるかと思う。それぞれPCとiPad2がどういう環境(隣にあるのか?同じWifi内にあるのか?離れた場所にあるのか?)にあるかによって使い分けができる。
1.隣にある場合

PCとiPad2を付属のUSBケーブルで接続し、PC上で立ち上げたiTunesのアプリタブ内でGoodReaderを選択し、追加ボタンからファイルを選択すれば、PCからiPad2へファイルが転送される。USB経由で転送されるので、結構早い。

2.同じWifi内にある場合

PCとiPad2が隣にはなかったり、USBケーブルがなかったりしても同じWifi内にあれば、GoodReaderのWiFi-transfer機能のよってファイルを転送することができる。GoodReader内のWiFi-transferに表示されているローカルIP(http://192.168.******)へPCのブラウザからアクセスすれば、そこからファイルのアップロードやダウンロードができる。

3.遠くに離れている場合(外出先など)

PCとiPad2をケーブルでつなげず、同じWifi内にもないという場合にファイル転送を行うには、GoodReaderだけではできない。方法としては、メールの添付で送るか、オンラインストレージを使うかが考えられる。メールアプリはiPad2にはデフォルトでついているのでそれを使えばいいし、メールアプリとGoodReaderは連携しているので問題ない。オンラインストレージには多くの種類のアプリが出ているがやはり一番使いやすいのは、Dropbox(ドロップボックス)かと思う。ちなみにDropboxは無料の場合、2GBの容量が使える。DropboxをiPad2とPCの両方にインストールしておけば、PCとiPad2でファイルの同期が行えるので、ファイル転送として利用できる。DropboxとGoodReaderも連携しているのでファイルのやりとりで困ることはないかと思う。

ちなみにWindowsではできないフォルダにパスワードをかけるということもこのGoodReaderではできる。いろいろな機能がいっぱいつまったお得なアプリだと使ってみて実感。というわけで、iPadアプリ 「GoodReader」は、必須のアプリだと思う。
アプリの値段は、時期によって少し変わったりするみたいだが、600円で購入した。

GoodReader for iPhone

450円
(2013.09.03時点)

App Store

posted with ポチレバ

※追記
iPad2にデフォルトでついているブラウザであるSafariであるが、いろんなサイトをみてまわっていて、このサイトは後で読もうというような場合、URLのところ(http://***)のhttpの前にgやgrをつけるとそのページをGoodReaderへダウンロードできる機能もある。つまりURLのところを、ghttp://***** や grhttp://***** にするだけである。これまたお得な機能だと思った。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です