WBC アジアラウンド 総括

【この記事の所要時間 : 約 3 分

「流れをかえるワンプレー」。
よく聞くフレーズだが、流れを変ええるタイミングって1試合に両軍とも数回しかないと思う。
そのタイミングをうまくつかんだ方が勝つんだということを改めて実感。(力が均衡しているチーム同士ならね。)
昨日は、そのタイミングに韓国は、イ・ジンヨンが流れを変え、イチローが流れを変えれなかった。
同じライト。西岡の打球が抜けていても、イチローがタッチアップの2塁ランナーを3塁で刺していても日本が勝っていた可能性が高いと思う。
2点目のソロを打った川崎は「野球をやっていればこういうこともある」とコメント。
これをアメリカラウンドで活かせれば負けたかいもある。
ロッテの渡辺俊介は、強豪チーム向けなのかもしれない。
まだ球になれていないのかインコースのスライダーの制球ミスで3回死球というのはあったが、全体的には悪くなかった。松坂や上原といった正統派とはタイプが違うが王監督を一押しするだけはある。
球児、大塚はさすが。
アメリカへいってからは、球児、久保田、大塚のOFKで後半はいけそう。
石井は面構えは悪くないが、今回の失投で王監督が次に使いにくいのではないかと思う。
マリーンズの選手はハツラツ。
セリーグからでは多村、新井がいい。
いろんなところで書かれているが、イチローの不振が気になる。
Aチームとしてスタートを切ったところであり、まだまだの部分もあるが、中国、台湾戦がコールドだったので、今回の接戦は世界1を取るためにはいい敗戦だったと思う。
次からは球数制限も多少緩和されるのでまた面白くなってくると思う。
WBC ワールドベースボールクラシック とは?
プロ野球 名選手・大選手・名シーン DVD BOX
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃憧 れ た あ の 名 選 手 の プ レ ー を ・ ・ ・    ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
プロ野球黄金期にファンを熱狂させた名選手たちのプレーを収録!!
プレミアムスペシャルコレクションパッケージDVDBOX『我が英雄』
蘇るプロ野球の名勝負、名シーン・・・あの感動をもう一度
「長嶋茂雄」「王 貞治」「川上哲治」「堀内恒夫」などプロ野球黄金時代に活躍した名選手のDVDです。

WBC戦記―日本野球、連覇への軌跡 (文春文庫)
文藝春秋
売り上げランキング: 228,868
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です