ビルケン(ビルケンシュトック)にカビが・・・・

【この記事の所要時間 : 約 4 分

そろそろサンダルを履こうと思って、ビルケンを出してみると・・・・
なんと白いものがポツポツと。
しまった「カビ」ってしまった。
「ビルケン カビ」で調べてみるとだいたい5月くらいにサンダルを出してみると同じようになっている人が多いみたい。対応策としては、張替えやクリーニングという感じ。
クリーニングは、殺菌作用のあるスプレー+レザーシャンプーのコンボがいいみたい。ちょっとやってみようと思う。
ビルケンにカビが発生

ビルケンのサンダルの場合、コルクのフットベットの上、スエードの部分に、カビが発生。多いケースです。専用の除菌用スプレーをしっかりしていれば、なかりの割合で防げますが、ついつい手間ということで、出してみるとがっかり・・・。こんなカビの場合は、シミとなるので、クリーニングではなく、張替えがお勧め。

カビにご注意。

カビは生えないようにすることが重要です。でも、もう生えちゃってるよ。。。っという方には「ウォーリー・シューデオ」。何それ?当店で取り扱っている商品です。カビ対策に抜群なんですよ。完璧に!とはいかずともシューズ用の他の商品に比べて強力なのでかなりの効果が期待できます。

のさか日記 – 相談おおいです

生えてしまったカビは、浮かせてブラシでとったりするだけでは、菌を殺菌してしまわないとまた生えてきちゃいます。そこで、エムザ店おすすめのスプレーが、”ウォーリー シューデオ”消臭除菌スプレー (1260円)。臭いでごまかす系ではなく(とわ言うものの臭いけっこうあります)、除菌効果の高い消臭スプレーなので、臭いの元のバクテリア菌を除去するのにも効きます!靴の内側や、玄関や下駄箱等空間にスプレーしてもオッケーです。ビルケンのインソールに生えちゃったカビにも、しっかりスプレーして、何日か陰干しで保管し滅菌し、仕上げにレザーシャンプーなんかで死んだ菌を洗い流してしまうとなおすっきり!

専門店へクリーニングの依頼をするというのもあるみたい。
靴戦科 – 靴クリーニング
男性用サンダルは、2,625円からとのこと。

また、そもそもカビがはえないようにするには、ビルケンのEVAシリーズを購入するのもよい。これなら雨の日でもOK!

カビ問題を解決するために、ビルケン(ビルケンシュトック)のEVAシリーズを購入した!

カビ問題を解決するために、カビが発生しないウォッシャブル軽量サンダルであるビルケンのEVAシリーズを購入した。EVAシリーズで利用されているEVA素材は、ウォッシャブルや軽量といった特徴があって、焼却してもダイオキシンなど環境を害する気体を発生しない環境にやさしいエコ素材である。エコかどうかはあまり興味はないが、カビが発生しないのは大きい。これでビルケンのカビ問題ともおさらば。これなら、水場にも履いていける!

(ビルケンシュトック) BIRKENSTOCK サンダル GIZEH ギゼ EVA エバ 普通幅 UK36-23.0
(ビルケンシュトック) BIRKENSTOCK サンダル GIZEH ギゼ EVA エバ 普通幅 UK36-23.0

posted with amazlet at 16.06.19
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です