こんな漢字を名前に使ってはいけない – なかやま うんすい (書評・レビュー・感想)

【この記事の所要時間 : 約 6 分

こんな漢字を名前に使ってはいけない
なかやま うんすい
河出書房新社

名前に使われている漢字の字源、意味を追究すると、現代人が知らなかった驚くべき暗示と強大なエネルギーがわかる。30年間で10万人の名前を鑑定した著者が、人生の不幸や悲運の原因と、凶をもたらす名前の関係を明らかにする。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

書評・レビュー・感想

●漢字の字源や語源には知らないことがいっぱい!

漢字の字源や意味などにいままであまり興味がなかったため知らなかったが、読んでみると結構怖い本だった。著者は、性名文字学研究家で、中国、日本全国を行脚して名前の文字が運命におよぼす因果関係を追及しつづけているらしい。
■不吉な暗示が強い、使ってはいけない漢字

・亜 : 貴族の墓を象徴し、家庭運や健康運に恵まれない。
・久 : 木に支えられた死者を意味し、幸せが長続きしない。
・次 : 愛する人と離れ離れになる暗示。嫉妬心が不幸を呼ぶ。
・信 : 来世での幸福を願う法名に使われる文字。
・真 : 行き倒れた死者を表し、首から上のトラブルに注意。

■不安定な運気に苦しむ、要注意の漢字

・一 : 吉と出るか凶と出るか、運勢は良くも悪くも極端になる。
・勝 : 男性は前半が運気上昇、後半は勢いが続かず失速。女性には凶文字。
・津 : 血がしたたるさまを表し、事件、事故、怪我に要注意。
・作 : 創造する力は大きいものの、企むとニセモノになりかねない。
・春 : 活気にあふれ、上昇運は強いが、色情に溺れやすいのが難。
・涼 : 多方面の才能に恵まれるも、多くの障害が立ちはだかる。
・遼 : 焦って結論を求めると、それまでの実績を失う。
・文 : 表現する分野で才能を発揮。ただし、異性関係でハメを外さないこと。
・研 : 切磋琢磨して学問や技芸に秀でるが、対人関係でトラブルの危険も。
・仙 : 人間離れした偉業の暗示もあるも、肉親との縁には恵まれない。

■いま人気の名前に使われる、気になる霊力をもつ感じ

・愛 : 立ち去ろうとする人の姿を表し、家族や異性との縁が薄くなる。
・大 : 外で伸び伸びと活動すると吉、引きこもると凶。
・太 : 才能が身を助け、大きく伸びるが、事故や病気には要注意。
・優 : 喪に服して心が沈んだ人を表し、優美さを備える反面、悲しみの暗示も。
・陽 : 浮き沈みの激しい波乱の人生。家庭運に恵まれない人が多い。
・連 : 仲間と足並みをそろえた行動が吉。単独プレイに走るとトラブルに。
・気 : 食べることに困らない暗示があるも、のどの病気に要注意。

■縁起が良さそうで、じつは凶作用のある感じ

・秀 : 人より抜きんでる可能性大。しかし、健康と人間関係に落とし穴が。
・光 : 切る、燃え尽きるの暗示あり。家庭・愛情運が弱く、健康にも難あり。
・幸 : 刑具の”手かせ”を表し、対人関係に問題が生じやすい。
・祥 : 占いに使われた羊を象徴し、吉凶の入れ替わりが激しい。
・清 : 清いの吉作用と、冷たいの凶作用が交互にはたらく。
・展 : 発展・成長を遂げていく要素とともに、事件・事故の暗示も。

■意味からかけ離れた、意外な霊力をもつ漢字

・法 : 獣を閉じ込めた様子を表し、自由を求めすぎると凶作用がはたらく。
・義 : 美を追求する分野で成功するが、病気や事故などの障害暗示も。
・晋 : めざましく成長するも、不慮の災いで一気に転落。
・勤 : 補佐的な立場で、息の長い仕事が吉。事故・金銭トラブルに遭いやすい。
・万 : 豊かな才能に恵まれ、計画性をもつと運気上昇。いさかいや病気の暗示も。
・九 : 才が集まるの吉暗示と全てが尽きるの凶暗示を併せ持つ。
・数 : 人を責め続ける暗示があり、計算高くなりやすい。
・民 : 多くの人から支持を受けるも、支配され、障害に見舞われる暗示も。
・充 : 力がみなぎる肥満体を表わすが、金銭欲と食欲の過剰に注意。

■名前に使いたい、幸運をもたらす漢字

・佑 : 周囲の支援・協力を得て、大きな成功をつかむ吉文字。
・友 : 人間関係が広がり、金銭面でも恵まれる。
・史 : 先見性を持って仕事を成し遂げる。ただし破天荒な行動は禁物。
・貴 : 価値あるものを暗示し、人間関係を重視する世界で成功。
・資 : 恵まれた才能を生かすことができ、地位・金銭に吉の暗示。
・元 : 先頭に立ち、新しい分野に関わって成長・発展する暗示あり。
・紀 : 物事を丁寧に進めて成功する。心にゆとりを持つと吉。
・映 : 芸術的な分野で花開くが、吉凶の入れ替わりには注意。
・恵 : 愛情面で強い吉作用があり、女性は専業主婦なら家庭円満。

意外な意味をもった漢字や想像通りの語源を持つ感じなど様々であるが、よく名前に使われている漢字ばかりなのでえ!?そうなの?と思うこともしばしば。
一番、え!?と思ったのが「陽子」さんについてで、以下のように書かれていた。

私はこれまで何人もの「陽子」さんを見てきましたが、結婚して幸せだったという人にお目にかかったことがありません。

とのことらしい。

画数にも注目したい!

漢字以外のところでは、画数についても少し触れられていた。姓名学において基本となる「五運」の数のそれぞれの末尾が「0」にならないようにすることがポイントらしい。また「内運」の末尾が2、4、0になる画数は、最悪の凶数とのこと。

1.総運 : 姓と名前すべての文字の画数を合計した数
2.天運 : 姓の文字の画数を合計した数
3.地運 : 名前の文字の画数を合計した数
4.内運 : せいの下部一文字と、名前の上部一文字の画数を合計した数
5.外運 : 内運以外のすべての画数を合計した数

自分の名前でやってみると・・・
1.総運 : 24
2.天運 : 15
3.地運 : 9
4.内運 : 15
5.外運 : 9
となっていたので、姓名学的には特に問題がないらしい。
「巻末に吉凶がひと目でわかるこれが要注意の300文字」というのが載っていたが、「色情の要因あり」などとあったので注意したい。
より詳しく知りたい方はこちらへ

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です