WHO(世界保健機関)は、日本への渡航制限を行う必要はないとする勧告を出している

【この記事の所要時間 : 約 2 分

who_not_restrictions.gif
WHO is not advising general restrictions on travel to Japan

19 March 2011 — However, travellers should avoid travel to the areas most affected by the earthquake and tsunami because of disruptions to essential services, such as transport and electric power, and the ongoing disaster relief activities. WHO is providing answers like this to the general public’s frequently asked questions concerning exposure, food, shelter and individual protective measures on the radiation incident in Japan.

WHO(世界保健機関)では、「日本への渡航制限を行う必要はない」とする勧告を掲載している。
ただし、地震や津波で大きな被害を受けている地域へは行くべきではないと勧告。これは、当たり前だが、電気等のインフラが影響をうけているからである。
海外では放射能に関して、過度に反応していることをある意味表していると思う。
Wikipedia – WHO

世界保健機関(せかいほけんきかん、英: World Health Organization、仏: Organisation Mondiale de la Santé)は、人間の健康を基本的人権の一つと捉え、その達成を目的として設立された国際連合の専門機関(国連機関)である。略称は英語: WHO、フランス語: OMSとされる。
1948年設立。本部はスイス・ジュネーヴ。設立日である4月7日は、世界保健デーになっている。
WHOにおける健康の定義は、「完全な肉体的、精神的及び社会福祉の状態であり、単に疾病又は病弱の存在しないことではない」(WHO憲章前文より)とされていて、かなり広い目標を掲げている。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です