HAKUBA(ハクバ)のドライボックスがやってきた!

【この記事の所要時間 : 約 1 分

dry_box_01.jpg
一眼レフの天敵は、「ホコリ」と「湿気」である。
「ホコリ」対策として、先日、ブロアーを購入したが、今度は「湿気」対策として、ドライボックスを購入した。お金があれば防湿庫がいいのだが、かなりお高いので、プラスチックのドライボックスにした。
上のフタの内側に乾燥剤を入れるための白いケースがあり、もともとついていた乾燥剤はだいたい1年ほど持つらしい。
防湿剤も別売りで購入できるのでその点も良いかと思う。
大きさもこれより小さいタイプと大きいタイプがあったが、この9.5Lくらいがちょうどいいかと思う。
dry_box_02.jpg

デジタル一眼レフをはじめてみようと思う人は、以下のセットがオススメである。

canon_eos_kiss_x4_body.jpg sigma_30mm_f1.4.jpg
メーカーページ
楽天で最安値を検索
メーカーページ
楽天で最安値を検索
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です