AEロック とは?

【この記事の所要時間 : 約 2 分

aerook01.jpg
最近、新しく覚えたのが、「AEロック」の使い方である。ちなみにカメラの話。
AEロック

露出、つまり絞りとシャッタースピードの設定をロックすること。写真の露出は、明るさは絞りとシャッタースピードのふたつの要素で決定される。露出はカメラが測ることで自動的に設定されるのだが、多くのカメラはファインダーの中央部で測光しているため、カメラの向きを変えれば露出も変わってしまう。そこで、AEロックを使えば露出の設定を変えることなく、フレーミングを自由に変えることができるようになる。

白いものと黒いものを1枚の写真で撮ろうとすると、白いものに露出をあわせると黒が非常に暗く写り、黒いものに露出をあわせると白が白飛びした感じになる。そういう場合にその中間の露出でとりたい!と思うことは多い。今までは、レタッチで修正するものだと思っていたが違ったようだ。
結論としては、「AEロック」を使う。
グレーやグレーっぽいところでAEロックを使って露出を固定し、それから実際に撮影するポイントまでフレーミングを写してからシャッターを切る。これで、白いものと黒いものを1枚の写真の中でそれぞれうまく表現することができる。
以下、一眼レフ参考サイト
30分で理解する一眼レフ
デジタル一眼レフをはじめてみようと思う人は、以下のセットがオススメである。

canon_eos_kiss_x4_body.jpg sigma_30mm_f1.4.jpg
メーカーページ
楽天で最安値を検索
メーカーページ
楽天で最安値を検索
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です