センゴク – 宮下 英樹 (書評・レビュー・感想)

【この記事の所要時間 : 約 1 分


センゴクセンゴク

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

書評・レビュー・感想

合戦をリアルに描いた戦国合戦絵巻。
主人公は、美濃・斉藤家の家臣、仙石権兵衛秀久(センゴク・15歳)。
戦国時代の仙石(センゴク)の成長を描く。
「好きな女と生き別れ男は否応なしに時代に引き込まれていく」というパターンです。
男はこういうパターンが好きなんですね。
という私もそうですが。
作者の宮下英樹氏は、相撲漫画「ヤマト猛る! 」の作者。
絵には力はありますね。
力(物理的な意味)でのし上がることが難しくなった現代だからこそ、こういうのが魅力的に見えるのかもしれません。信長の描かれ方、秀吉の描かれ方なども注目ですね。
ネーミングは悪くないと一見思うんですが、このネット社会で検索のしにくさが意外と後で尾を引くかもしれません。
競合多数という意味で。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です