サイトのアクセス数の増え方について

【この記事の所要時間 : 約 2 分

サイトのアクセス数の増え方について Market Hack の広瀬さんが記事を書いていたのを読んで、まさにその通りだと頷いた。実際、他の運営サイトやこのブログも含めて、だいたいそういう流れになっている。今後、アクセス数を伸ばしていきたいと考えている人の計画段階の参考になれば。
波を捉まえろ! Market Hack1周年

普段からマメに更新していないとPVを一気に押し上げる材料にはぶち当たりません。これは有名なベンチャー・キャピタリストのフレッド・ウイルソンなども言っていることですが、ウェブの閲覧数や利用者数は右肩上がりのスロープのような線を描いて上昇するのではなく、何かのきっかけがあるごとにドカンと急に PVが増えるのです。
そして一度PVが増えた後はまたPVは下がります。しかし以前よりは高い水準でPVは落ち着くのです。
つまりPVは階段状を描きながら増えてゆくわけです。
しかしそのような読者数の増加を狙おうと思えば、普段からそのような機会を待ちかまえている必要があります。
面白いニュースが出てから慌てて記事にしてもその時は皆が同じことを取り上げるので自分の記事は検索エンジンの上位には出ないのです。
つまり(次はこのへんじゃないかな?)という事をある程度見当をつけて先回りする記事を書き溜めておく必要があります。そうすれば読者も検索エンジンも「このトピックならあのサイトに出ていそうだ」ということを覚えていてニュースが出た時にアクセスが集中するわけです。

本ブログは、Market Hackのように記事カテゴリ(投資)を絞っているわけでもなく、アクセス数も知名度もあるわけではないけれど、傾向としてはまったく同じだし、たまには「先回りする記事を書き溜めておく」という意識もないわけじゃない。
access_up_image.gif
停滞期というのは図では、小さな右肩上がりになっているが、ここは横ばいだったり、小さな右肩下がりだったりするケースもある。何が当たるかわからないので、数を打っていく。
この当たる記事にいつ出会えるかは、その人の力や記事にしているカテゴリ、流行、時期などによって変わってくるが、500記事書いて1つも当たらないというのはないように思う。
これからもコツコツとがんばっていこうと再認識。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です