ディスプレイ切替器(VGA切替器 400-SW003)を導入した。

【この記事の所要時間 : 約 2 分

400sw003_01.jpg
先日、購入した液晶ディスプレイをデスクトップ用兼ノートPCのセカンドモニタ用として利用するために、ディスプレイ切替器を導入した。導入したのは、サンワサプライの「VGA切替器 400-SW003」である。
電源を必要とせず、パススルー方式で本体にVGAケーブルを接続するだけのタイプである。
400sw003_02.jpg
インターフェースは、HD(3WAY)15PINメス×3 であり、切替は、2:1 又は 1:2 に対応している。解像度・帯域幅の制限はなく、パソコン-ディスプレイ機器の直接接続で表示できる解像度であれば全て対応しているとのこと。
400sw003_03.jpg
パソコン – ディスプレイをつなぐために必要なのが、D-sub15ピン(ミニ)ケーブルであるが、ケーブルが足りないので追加で購入。購入したのは、ELECOMの「D-sub15ピン(ミニ)ケーブル スリム 0.7m」である。
ELECOMのD-Sub15ピン(ミニ)ケーブルの中では一番短いタイプである。
400sw003_04.jpg
ディスプレイ切替器が2,000円弱、D-Sub15ピン(ミニ)ケーブルが800円弱だったので、合計は2,800円弱也。これでかなり使い勝手と作業効率がよくなるかと思えば安いものである。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です