「七夕の国」と日本で一番有名に一族

【この記事の所要時間 : 約 1 分


七夕の国七夕の国

日本のある寒村に受け継がれる超能力をめぐる伝奇SF。
ある村と数千の兵を持つ大名との間で合戦が生じる。
そして、その村はわずか数人でその大名の兵を撃退する。
その村に秘められた謎とは?
時へ経て、物語は現代へ。
「窓を開かれた者」と「手の届く者」。
「寄生獣」で有名な岩明均氏の作品ですね。
「七夕の国」の「七夕」を巡る物語などなかなか面白い。
”血”による超能力。
能力の種類こそ違え、日本は”血”を媒介にする社会構築を行ってきた。
そして、”血”が受け継がれているためにある特定の能力があると見なされてきたし、また能力があるものが”血”への参入を許されてきた。
・”血”
・”クローズドコミュニティ”
・”超能力”
・”権力”
・”伝説”
・”後継者問題”
継承問題で今、話題の日本で一番有名な一族が題材になっているのかも。
その村の領主には、「窓を開かれた者」であり、「手の届く者」でもあらねばならない。
「窓を開かれた者」はそれなりの人数がいるが、現代は、「手の届く者」がほとんどいない。
「窓を開かれた者」が男系とし、「手の届く者」が男子と考えれば・・・・

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください